【集中実技ボウリング】授業の様子が届きました!

ストライクをとったあと レーン見学 塩山プロの技術指導 会場への移動 会場概観 講義 出し切る 準備運動 対抗戦 投球練習中

【授業の感想】

 
ボウリングは今回の授業の前から経験があったが、今までは詳細を知らずにただボールを投げるだけだった。しかしこの授業を通して、立ち位置や助走などの基本動作やレーンコンディションなどの正しい知識を得て実践するようになり、よりボールの軌道を意識したり、より高い得点を目指したりすることができた。また今回2つのレーンを使用するアメリカン方式でのゲームを初めて行ったが、交互にレーンを使うことで自分のチームだけでなく隣のチームともコミュニケーションが生まれ、チーム戦でありながらも相手の喜びを分かち合う場面があった。今回の授業を受けて、ボウリングが単なる健康維持のための運動だけではなく、人々との交流の場としての要素も兼ね備えた生涯スポーツであることを実感することができたと思う。(国際総合学類 小谷野彩香)

 

パワーもテクニックもない自分が、この4日間を通して、スコアを最終的に80も伸ばすことができたことはいまだに信じることができません。「ボーリングは理論である。」というプロの教えに基づいて、みんなで楽しく、ひたすら練習に励みました。ボウリングの技術の習得だけでなく、ボウリングが生涯スポーツであることやレーンの裏側の仕組みを見学することができたりと新たな発見もある、とてもエキサイティングな授業でした。教えてくださるプロの方や、担当の先生がユニークで面白く、雰囲気が良いので、最終日の大会はとても盛り上がり楽しかったです!自分の中でこの授業ほど工夫され有意義な授業はなかなか思い当たりません、本当にこの授業を受講することができてよかったです。ありがとうございました。この授業で学んだことを武器にして、これからのボウリングライフで活躍します!(国際総合学類 大竹智史)